BtoB企業×フロントオフィスDX×伴走型DX推進支援

サービス概要

クライアント様の業務内容・規模・リソースをもとに最適なSaaS型営業管理システムの選定を行います。
また、選定したSaaSプロダクトの構築、システム連携、導入サポートまで一貫してサポートが可能です。

サービスの特徴

ベンダーフリーでのご提案

特定のツールに依存せず、お客様の営業業務、事業規模、採算性を鑑みて最適なツールをご提案します。

外部SaaSとの連携構築による業務フロー最適化

クラウド化全盛によって中小企業から大企業まであらゆるSaaSプロダクトの導入が進みました。
さらなる効率化を目指すためにも、すでに導入済みのSaaS、新規導入予定SaaSとCRMツール間をAPI連携してシステム間の溝を無くすことが重要です。

ITコンサルティングから導入まで 一気通貫型での伴走支援

SaaS系企業はその特性から「システム導入したら終わり」という側面を持っています。
弊社では現場にITツールを最適に利用してもらうことを重視しており、システム導入後も継続して伴走することが可能です。

プロジェクト実績

広告系S社様

■背景
現行の受注登録システム(ClarisFileMaker)のサーバーの維持ランニングコストがかさんでいた。
また、営業が俗人化しており全社的な顧客情報の一元管理化が必要であった。
さらに、現場の写真管理・原価管理がアナログ状態のためCRM領域に限らず全社的なDX化が必要になったため依頼された。
■ご支援内容
システム導入への業務負荷増加の抑止、写真管理への拡張、サーバーのランニングコスト減の観点から、ノーコードツール「kintone」とクラウド型ストレージシステム「Box」を採用。
受注登録情報とクラウドにアップロードされた現場の写真を紐づけることによって、情報の一元管理が可能。複数ツールを組み合わせて最適なシステム構成の導入に成功した。

導入前

導入後

リース系M社様

■背景
現行のリース資産管理および顧客管理がExcelおよび紙での管理となっており、管理コストが課題になっていた。
リース資産の申し込みから管理まで一元管理できるシステムの構築を要望していた。
■ご支援内容
CRMツール「salesforce」をカスタマイズして顧客および社内の双方利用する方式を採用した。
顧客側にはリース申込機能と資産管理機能をsalesforceのコミュニティ機能を利用して開放し、社内では申請状況や資産状況を一元的に管理することに成功した。

導入前

導入後